鍵トラブルに多い回らない状態の原因と対処

鍵が回らないことで起こるトラブル~鍵の破損の正しい対処法~ 鍵が回らないことで起こるトラブル~鍵の破損の正しい対処法~

鍵トラブルでよく見られる事例集

鍵の修理

鍵トラブルには鍵の紛失以外にもさまざまな事例が見られます。どのような鍵トラブルが見られるのでしょうか。原因や症状などをご紹介します。

頻発する鍵トラブルとは

鍵の破損
固い鍵でも強い力が加わってしまうことで先端が折れてしまったり、鍵自体が歪んでしまったりするなど、さまざまな形で破損してしまう恐れがあります。その原因としては、鍵を回すときに無理やり鍵を回して壊してしまう、鍵を何かにぶつけてしまうなどです。こういったことが原因となり、破損につながるのでしょう。少しだけ歪んでいる、少しだけ欠けていてまだ使えるという時も、それを何度も繰り返す内に使えなくなってしまうので気を付けましょう。
開錠・施錠ができない
開錠や施錠ができない原因として、さまざまな原因が考えられます。例えば、単純に違う鍵を差し込んでいたり、鍵を開けたつもりなのに閉めていたり、鍵を閉めたつもりなのに開けてしまったり、そして鍵穴自体が壊れてしまっているという際に多く見られます。特に安全性を高めるためにツーロックを採用している方の多くは、2種類の似たような鍵を間違えて差し込んでしまい、開かないという状態になることが多いようです。違う鍵を差し込んで無理やり回すと、鍵や鍵穴の破損につながってしまいます。
鍵穴に異物が混入している
鍵穴に何かが詰まっているせいで鍵がちゃんと差し込めず、開錠ができなくなってしまうことがあります。このような事態になる原因は、悪意ある誰かからの嫌がらせ、もしくは近所の子供のイタズラなどが考えられます。また、この他にも汚れが鍵穴に溜まって蓄積されてしまうことで鍵が差し込めない状態になってしまうケースも見られます。こうしたものは完全に原因を取り除くことは難しいですが、管理会社や大家さん、近所の人にも協力してもらい、対策を練ることが大切です。

もっとも多い鍵トラブル【鍵が回りづらくなる】

鍵トラブルの中でも最も多く見られるものとして、鍵が回りづらくなるというトラブルがあります。いつも通り開けようとしたらなぜか鍵が回りにくい状態になっているのです。このトラブルの原因は、鍵穴のシリンダーが固くなってしまっていて、デッドボルトやストライと呼ばれる部分にズレが生じている可能性があります。鍵がかかっているかどうか確認する時に、閉まっている状態でガチャガチャとノブを回すことがあるでしょう。実は、これによってズレが生じてしまうのです。

いずれにせよ早急の対象が大切

鍵トラブルはそのままにしておくと空き巣などの大きなトラブルに発展してしまう恐れが十分に考えられます。そのためなるべく早く対処しておくようにしましょう。

回りにくい鍵の修理にかかる費用とは

回りにくい鍵を修理したい場合、もちろん費用がかかります。修理を業者に依頼するなら、あらかじめその相場を知っておきましょう。

修理費用の相場を知る

鍵の修理や交換にかかる費用は、ほとんどの業者で鍵の実費以外に数万円はかかると考えておくと良いでしょう。業者ごとに作業の値段も異なるだけではなく、鍵の種類によっても値段は違います。例えば、内訳で考えられるのは、修理代金や交換代金、そして出張料金がプラスされます。思っているよりも鍵修理や交換は値段がかかることを覚えておいた方が良いでしょう。鍵自体の費用も、純正品を使用することで値段は少し高くなります。

TOPボタン