鍵の寿命を把握しておけば鍵トラブルが抑制できる

鍵が回らないことで起こるトラブル~鍵の破損の正しい対処法~ 鍵が回らないことで起こるトラブル~鍵の破損の正しい対処法~

回りにくい鍵は寿命のサイン

回りにくいなどの鍵トラブルが発生した場合、鍵が寿命を迎えた可能性もあります。実は鍵にも動物や植物と同じように寿命があるのです。

鍵にも寿命がある

鍵のイラスト

ホコリやゴミを取り除いたり、鍵が回りやすいように潤滑剤を差してみたりしても効果が無かった場合には、鍵が寿命なのかもしれません。実は鍵にも寿命があり、一般の鍵は約10年、電子錠は約7年です。寿命については、設置してある環境によって多少の違いが出ますが、砂埃が多い土地柄では鍵にゴミが詰まりやすくなってしまい、寿命も短くなってしまいます。

鍵屋さんからのワンポイントアドバイス

鍵の交換をする際は鍵の種類を確認するようにしましょう(鍵屋)

ディスクシリンダーという鍵は普及率が高く、さまざまな家で使われていました。ですが、ピッキングに弱い事が特徴で多くの家が被害にあってきたのです。ですので、ディスクシリンダーを使用している家の場合、鍵を交換する際には別の種類の鍵を取り付けるといいでしょう。そうすることで、泥棒などの危険被害の確率を減らす事ができます。

鍵屋が勧めるシリンダーを紹介

鍵にはさまざまな種類があります。その中でも、鍵屋がお勧めする鍵を2つ紹介しますので、交換の際は参考にしてみて下さい。

比較的安値で交換できる人気シリンダー

ロータリーディスクタンブラー
ロータリーディスクタンブラー錠は、防犯性の高い鍵として有名です。見た目はディスクシリンダー錠と似ていますが、全てのタンブラーが揃わなければ鍵を開ける事ができない仕組みになっています。その為、防犯性にとても優れているのです。スペアキーを作ってもらう際には、正確に作らないと鍵を開ける事ができないので注意しましょう。
ディンプルシリンダー
ディンプルシリンダー錠は、従来のピンシリンダー錠よりも作りが複雑になっており、ポコッとくぼみがあるのが特徴です。このピンが上下だけではなく横や斜めにもあるので、ピッキングに強く防犯性がとても高いのです。ですが、スペアキーを作ってもらう際、専用の機械が必要になるので費用が高くなってしまいます。
TOPボタン