鍵トラブル時にやってしまいがちなNG行動

鍵が回らないことで起こるトラブル~鍵の破損の正しい対処法~ 鍵が回らないことで起こるトラブル~鍵の破損の正しい対処法~

鍵が回りにくい時にやってしまいがちな誤った対処法

鍵はとても繊細な構造でできています。そのため、無理な開け方をすると鍵トラブルになる恐れがあるので気を付けて下さい。

やってはいけない3つの対処法

強引に引き抜く
「鍵がささったまま抜けない」という時、焦って無理に引き抜こうとする方が多いでしょう。しかし、これが絶対にやってはいけない行為です。何故かと言うと、無理に引き抜こうとして鍵に余計な力が入り、鍵穴にささったまま折れてしまう可能性があるからです。もし引き抜けたとしても、鍵穴に傷が入り修理の原因となってしまうこともありますから、絶対にやめて下さい。
針金などを鍵穴に入れる
細い針金や先端の尖った物を使って、鍵穴に溜まったゴミをかき出そうとすることも止めましょう。その道具の先端が中で折れてしまう恐れだけでなく、折れた先端が奥に入りこんでしまった場合には最悪鍵穴ごと交換する必要が出てきます。この場合余計な費用がかさむだけでなく、大家や管理会社への報告など面倒な事を増やすだけになってしまいます。
オイルを潤滑油代わりに使用する
鍵穴用の潤滑材が手元にないからといって、代用として食用油やその他のオイル等を使うのは避けて下さい。鍵穴への差し込みがスムーズになりますが、錆びの原因になったり、中に溜まっているゴミを固まらせたりすることになります。もしこういった行為をしてしまい、鍵穴が使い物にならなくなってしまった場合は、速やかに業者に連絡するようにしましょう。

対処法について気になること

鍵に鉛筆の芯をまぶすと良いと聞きましたが本当ですか?
本当です。鍵が回りにくいといった場合の対処法として有効なのが「鉛筆の芯を削って、鍵穴にまぶす」ことです。鉛筆に含まれている黒鉛が潤滑剤の変わりとなって、鍵穴の滑りを良くしてくれるのです。鍵に害がある成分も含まれていないので、鍵穴の滑りが悪くなった時に行なうと効果的です。ティッシュの上でカッターを使い鉛筆を削り、その粉を鍵に付けてみましょう。

鍵穴への対処も忘れずに

滑りの悪くなった鍵穴には、掃除機で中のゴミを吸い取る方法も効果的です。溜まったゴミが無くなることで、よりスムーズになります。  

TOPボタン